戦国武将最弱の京極高次 ババを引き続けても最後に笑えばいいのです 若狭8万5000石

 

 

二条城

幕末、京都を守る責任者として京都所司代の職にあった小浜藩。

二条城の南には広大な藩邸もありました。

梅田雲浜を輩出するのですけれど、何せ当時はことなかれ主義。

雲浜は脱藩し、井伊大老の安政の大獄の処刑第一号となってしまいます。

そして、幕府軍として官軍と激突し敗れ、その後は東北まで官軍の先頭につかされ転戦し明治に入り廃藩、そして廃城となりました。

小浜城

海に浮かぶ美しい城だったのでしょうか

現在は神社になっています

そもそも、江戸時代の初代藩主は戦国の名家京極家。

しかし戦国最弱と言われ、味方につく人が常に負けるというババを引き続けた京極高次。

だが、天は彼を見捨てていなかった。

関ヶ原の合戦の一日前まで、西軍数万を近江の大津城で籠城して戦い、九州の猛者をその場に釘付けさせたのだ。

また、弟は関ヶ原で藤堂高虎と共に奮戦し、最後に運を引き寄せたという話。

信長の妹、お市の方の娘、お初の方は高次の奥方。

小浜のこちらのお寺に、お付の者と共に眠っています。

 

 

その他、福井と言えば朝倉家や柴田勝家も忘れられない。

話すこと盛りだくさんの場所ですね。