新たな時代を前に「導きの神様」賀茂御祖神社、通称下鴨神社には是非行きたい

今回は下鴨神社をご紹介させていただきます。

こちらの神社はもともとカモ族という一族が、京都がまだ開かれていない頃から力を持っていて、平安京を建設していこうという桓武天皇とすれば是非とも仲良くしていきたい。

そこで賀茂の神を京都の守り神として都を開いたと言われています。IMG_20190413_184504_848.jpg場所はカモ族だけに鴨川のそば。

ちなみに神社の近くの鴨川は「賀茂川」と書きます。

高野川と賀茂川の合流点あります。

IMG_20190413_184252_687.jpg神域とされる境内は、開発される以前の原始の京都の自然があるのです。

 

IMG_20190331_111532.jpgIMG_20190413_184206_969.jpg現在でも12万4千平方メートルと広い境内ですが、応仁の乱などで森が燃えてしまい縮小してしまったらしいのですが、それでも歴史的にも非常に魅力的な空間です。

 

かもみおやじんじゃと読みまして、1994年に境内全域が世界遺産に登録されてます。

 

IMG_20190413_184414_012.jpg面白い船の形の手水舎。

 

IMG_20190413_184102_404.jpg朱色の楼門がまぶしいですね。

 

IMG_20190413_184130_004.jpgそして、奥が御祭神がお祀りされているところとなります。

 

 

IMG_20190331_112434.jpg西本殿(国宝)の御祭神は賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)で、初代天皇の神武天皇の遠征のとき、今の和歌山の辺りから八咫烏(やたがらす)に身を代えて先導したとされていて、主に「導きの神様」で、そこから開運厄除、交通、旅行、操業の安全など人の暮らしを導くとされています。

 

東本殿(国宝)の御祭神は玉依媛命(たまよりひめのみこと)で、こちらは縁結び、安産、子育ての神様です。

 

そして、アイキャッチにある御朱印とともに押されてある御神紋は、二葉葵。昔は「あふひ」と書き、「あふ」は「会う」であり、「ひ」は神様の力を示す言葉だそうで、神と人とを結ぶ草とされています。

 

おまけ

下鴨神社行かれる方は、この行列の人気和菓子屋さんの「ふたば」に行かれてみてはいかがでしょうか?

バラ売りでも買えますよ。

ちなみに、このお店も神社と同じ二葉葵を使っているのです。