日吉大社摂社 唐崎神社

滋賀に住んでいると、とんでもないスゴい発見に気づくことがあります。

ボーッと生きてたら気づかないことだらけ。

幸いにも、最近少しづつ分かってきたような気がしてます。

今回は日吉大社摂社の唐崎神社をご紹介したいと思います。

唐崎神社 基本情報

  • 神社名 日吉大社摂社 唐崎神社
  • 創建 697年
  • ご祭神 女別当命(わけすきひめのみこと)
  • 住所 滋賀県大津市唐崎1-7-1
  • 駐車場 徒歩5分の所に公園の駐車場がありますのでそちらを利用しましょう
  • ウエブサイト http://hiyoshitaisha.jp/karasaki/

唐崎神社 地図とアクセス

場所は最寄り駅がJR湖西線の唐崎駅から徒歩20分。車か、JRかが便利です。

唐崎神社 ご由緒

ウエブサイトより引用

日吉大社で代々神職を務められた家の先祖である、琴御館宇志丸という方がこの地に居住され、「唐崎」と名付けられました。
この頃、天智天皇が奈良の三輪山から大己貴神を大津にご勧請された際に、琵琶湖を渡り、この唐崎の地に降り立ったとされており、日吉大社西本宮のご鎮座に大変縁のある場所です。ご祭神女別当命は琴御館宇志の御妻君であり、持統天皇の御代697年に創建されたと伝えられています。

唐崎神社 みたらし祭り当日の様子

御手洗祭りといえば、京都の下鴨神社が有名ですが、2020年はコロナウイルスの影響で、京都の方は一般の方を交えてのお祭りは中止になりました。

しかし、滋賀県の唐崎神社では無事開催されたのです。

その昔は平安京を護る7つの祓い所があったそうで、その一つが下鴨神社であり、この唐崎神社でなのでした。

やってきました唐崎神社。

当日は曇り。

大昔から信州の方から木を運んでいたとの記述。

途方もない時間と労力がかかったことでしょうね。

こういう案内板はありがたいものです。

神事がはじまると雨がパラパラ。

琵琶湖沿いにあり、水の神様でもあるので、この演出さすがです。

神主さんが3名、巫女さん1名が拝殿で祭祀を行われておりました。

こちらは松が有名で、今あるのは三代目。

金沢の兼六園にも、ここから分けられたものが唐崎の松として、いまも生きてます。

こちらが現在の松。

以前見たときよりも弱っている印象でした。

昔はもっと枝ぶりが良かったのですが、随分と寂しいものになってます。

社殿正面になります。

普段置いてませんので珍しいものは気になります。

拝殿での神事が終わると、神主さん先頭で茅の輪くぐりをします。

この言葉を唱えながら参加者は列になってまわっていきます。

そして、湖上には願い事を書いたものが並べられます。

社殿の方に戻ると、巫女さんの舞いがあり、神に捧げられたもの茹でたお湯を笹の葉で撒き散らし、それにかかるとご利益があるそうで、また、コップに入れて配られしっかりと、清められてまいりました。

そして山伏登場。

神社と山伏。どういう流れで組み合わさったのでしょうか。

もともと、山伏というのは民間信仰であり、僧侶というのが昔はよほどでなければなれないものだったので、自発的になっていったと、いくつか読んだ本にはありました。

そして忘れないでいただきたいのはみたらし団子。

神社前にあるお店がおいしいものを食べさせてくれますので、ぜひお試し下さい。

もう一本いかがでしょうか?

近くにはこんなところもあります

ちなみに書いているのはこんな人物です。