歩けないはずの老犬がパワースポット行って元気になりすぎ行方不明

こないだ16歳の老犬連れて善光寺、諏訪大社、富士山、浅間大社、久能山東照宮参拝しました。

その神通力かで犬が超元気になってしまって柵を外して脱走。

またまた大捜索がはじまりました。

行方不明になるまでの話

犬は高齢になると後ろ足から弱るそうで、うちのわんこもその通りになりました。

立てないので、前足後ろ足とダブルでハーネスをつけてお散歩。

適度な振動がないと、出るものも出ないみたいで、だっこして歩くと、私の手と服がびちょびちょになるのでハーネスを考えつき歩いてました。

もう最後かもなぁと思って連れていったらめっちゃ元気に❗

恐るべしパワースポット

でも、そんなに元気になっているとはすぐには気づかなかったのです。

普段は、昼間いる定位置にいて、夜はうちの中に入れるパターン。

それが、帰宅した夜はものすごく暑くて、外でスヤスヤ寝てたので、そのままにしておいたのです。

すると、朝散歩に出ようとすると、柵が空いている。

認知症なので、そのせいで度々くるくると回る徘徊状態になるのでロープが体に絡まってしまいます。

なので、柵から出ないようにしていていまだかつて、柵からは出ていなかったのですが、それがいない。

おそらく、回転しているうちに柵に体当たりして、かんぬきが外れてしまっていたようです。

犬を飼うと本当に予想外のことがいっぱい出てきます。

行方不明になってからの話

いなくなった当初は、こちらも慌ててはおりません。

何せ足の弱った老犬と思っているので、近所の溝にはまってでもいるだろうと決めつけていました。

ところが、思い当たるところを探すものの見当たりません。

続いて自転車で創作範囲を広げましたが見つかりません。

もしかすると、蓋のある溝にはまって動けないのかもと思ったり。

長靴をはいて川のなかを捜したり

そして、道行く人に尋ねもしました。

それでも手がかりさえ掴めません。

途方にくれましたが、警察と動物愛護センターには連絡し、様子を見ることにしました。

幸い、狂犬病の予防接種のプレートと自宅の番号付きのドッグタグが首輪につけてありますので、みぞの奥にはまってもいない限り、連絡は来るだろうと考えていました。

ここまでで、やれることは全部やったので、あとは待つしかありません。

そして見つけたと連絡が入った

何度か不在着信で電話があり、ドキドキしながら折り返す。

そして、また捜す。

何度か繰り返したあとに、道で声をかけさせていただいた人の声。

「ワンちゃん川の中にいましたよ。それで、震えてるのでお風呂に入れました」と一報。

老犬だろうとおじいちゃんだろうと、かわいいものはかわいい。

そのお宅まで飛ぶ勢いで行くと、いてるではありませんか。

想定外のこんな場所に落ちてしまっていたそうです。

そして病院に駆け込み診てもらうも異状なし。

ホッと胸を撫で下ろしました。

歩けないと決めつけていて、簡単な柵のかんぬきをつけていたのが大失敗で猛省しています。

気づいたこと

余談なのですが犬を捜していて、気づいたことがあります。

それは、大勢人が歩いているのですが、声をかけさせていただいた方は、どこか白く光って見えていた感じがしました。

一人は獣医さんとこのスタッフさんで、もう一人は見つけてくださった人。

何か、この二人に言えば大丈夫と言ってもらえてる気がしたのでした。

そして、実際そうなったので私もびっくり。

不思議な体験でした。

こんなことあるんですねぇ。