毎月1と6がつく日はすき焼きです

僕はすき焼きが好物なのですが、

そうそう食べることはありません。

タイトルにあるのは、近江商人の伊藤忠と丸紅の創業者、初代伊藤忠兵衛のやっていたことなんだそうです。

それも、社員全員ですき焼きパーティー。

昔は盆暮れにしか肉当たらんと言われましたが、月に何回もやる。

すごくないですか?

よく世間の社長とアイデアとかで話をすると、「やってもどうせ無理ー」がお題目のように帰ってきます。

本当にやる人は不可能と諦めずに、あの手この手やるんですよね。

ある意味成功への亡者かもしれません。

それが、伊藤忠兵衛さんのアイデアにも見うけられるように思いました。

人は、所詮二つの目と2本づつの手足がひとりの限界です。

それを、他人の力をいかに活用するかが、ポイント。

人は能力が足らない部分があるから、互いに助け合う。

 

社員をパートナーとして考える姿勢が、会社の成長にも繋がったのでしょうか。

我が身に置き換えても、なんでもひとりでやろうとして疲弊してないで、連携プレーを意識したいところです。