60日イタリアをまわった最上志向の私が選ぶイタリアベスト5

今回は私がこれまで海外に行った中で思い出に残っている場所シリーズで書いていこうと思います。

まずはイタリアから書いていきたいと思います。

情報収集

まずイタリアに行くなら、情報収集が大事。

いつも私が行くならその国の政府観光局から情報収集をします。

下記はイタリア大使館のリンクに飛びます。

https://ambtokyo.esteri.it/ambasciata_tokyo/ja/

イタリア大使館によると、

日伊両国は、1866年8月25日に修好通商条約を締結して以来、2016年に国交樹立150周年を迎えました。両国の関係は、政府要人の活発な往来、各分野にわたる幅広い協力、良好で躍動的な経済・商務関係や、G7における密接な連携等でさらに発展しています。

1866年からのお付き合いのようです。幕末から明治を経て現在までおよそ150年のお付き合いだそうでございます。

そして地球の歩き方は外せません。私も行く場所の最新版毎回最新版買って持っていきます。

その下のロンリープラネットも捨てがたい。これは海外版の地球の歩き方なので、海外目線なので好きです。

私は電車好きなので、時刻表は絶対欲しいところです。

以下はイタリアの鉄道網のサイトに飛びます。

http://standhill.sakura.ne.jp/italia/ido/rosenz_zen.htm

そして映画を見て気分を上げる。

まず何と言ってもローマの休日は鉄板でしょう。

アマルフィ女神の報酬は音楽がいいですね。

NAOTOのおすすめイタリア Genoa

それでは、これから私が行ったイタリアを独断と偏見でセレクションしていきたいと思います。

ジェノヴァ(ジェノア)は港湾都市で、イタリア北西部に位置するリグーリア州の州都。何世紀にもわたって海上貿易の中心地として栄えてきたことで知られています。旧市街にあるロマネスク様式のサンロレンツォ大聖堂は、白と黒の縞模様のファサードで覆われ、室内にはフレスコ画が描かれています。街の狭い小路を歩いて行くと、有名な青銅でできた噴水やカルロ フェリーチェ劇場があるフェラーリ広場など、巨大な広場にたどり着きます。

母を訪ねて三千里の舞台なので外せません。

NAOTOおすすめイタリア VENETIA

ベネチアはイタリア北部のベネト州の州都で、アドリア海のラグーンに浮かぶ 100 を超える小さな島々からなります。道路はなく、カナルグランデをはじめとする運河沿いにはルネッサンス様式やゴシック様式の宮殿が並んでいます。中心部のサンマルコ広場にあるサンマルコ寺院はビザンチン様式のモザイクタイルで知られ、鐘楼からは街の赤い屋根の景色が一望できます。

本当に不思議な街で、道路が全部水路という街。船が車がわりという街のイメージをひっくり返されるような場所。

NAOTOおすすめイタリア Sicilia 

シチリア島は地中海最大の島で、ブーツ型をしたイタリアの「つま先」のすぐ先にあります。保存状態のよい 7 つの壮大なドーリア式のギリシャ神殿がある神殿の谷、パラティーナ礼拝堂にあるビザンチン様式のモザイク、州都パレルモにある旧王室礼拝堂などにその長い歴史が反映されています。シチリア島の東の端にあるエトナ山は、ヨーロッパでも有数の標高を誇る活火山のひとつです。

アフリカにも近く、映画ゴッドファーザーやグランブルー、ニューシネマパラダイスの舞台でもあります。もともと、貧しく、皆が肩を寄せ合って助け合いながら暮らしている地域。美しい風景と魚介類が最高です。

NAOTOおすすめイタリア Alberobello

アルベロベッロは、イタリア共和国プッリャ州バーリ県にある、人口約1万1000人の基礎自治体。 「トゥルッリ」と呼ばれる伝統的な家屋が約1500軒あることで知られている。白壁に円錐形の石積み屋根を載せたこの家屋は、16世紀から17世紀にかけて開拓のために集められた農民によって造られたものである。

奇妙な建物を見たいがためだけに、ここを訪れる人もいるアルベルべッロ。ここも必見。

NAOTOおすすめイタリア COMO

コモは、イタリア共和国ロンバルディア州北西部にある都市で、その周辺地域を含む人口約8万4000人の基礎自治体。コモ県の県都である。 コモ湖南端のほとり、スイスとの国境に位置する都市で、絹の産地として有名である。古代ローマ時代にはコムムと呼ばれた古い都市であり、博物学者プリニウスの出身地である。

ここは貴族の別荘が立ち並ぶ地域で、氷河地形の湖があり、高級感のある場所なんです。ミラノからも近く、訪れるのに便利な美しい場所です。

私は、イタリアを二ヶ月大学時代にまわったのですけど、あまりにもイタリアが最高すぎて、その後の旅人生を決定づけたのでありました。

おかげでテレビ業界に入り、そこから25年。思えばずっと旅をしてきましたが、このイタリアがきっかけだと思います。

当時は通貨はリラの時代であり、寝袋持参の貧乏旅行。

それこそ、イタリア国鉄のお世話になりながら、長距離列車乗りまくりで電車を堪能した記憶があります。

ここで紹介していないローマやミラノナポリ、ポンペイ、フェレンツェ、ピサ、ボローニャなんかも最高です。

どちらかというと、あまりメジャーじゃないけれど最高な場所をご紹介させていただきました。

この記事が、皆様のご旅行のきっかけとなれば幸いでございます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

(世界を変えるための自己紹介)

1万冊の読書家。

ココロを整えるお手伝いしてます。

Gallup認定ストレングスコーチ、社会保険労務士

30カ国47都道府県を25年TVロケ等でまわってきました。

労働局職員8年経て現職OFFICEAOYAMA社労士事務所

9.11のニューヨークを経験、冬山での遭難等7回死にかけた逸話あり



「人生は旅であり、一生をかけて行う壮大な実験」と考えています。



ストレングスファインダーとは米国のギャラップ社が開発した人の「強みの元=才能」を見つけ出すツールの1つ。Webサイト上で177個の質問に答えていくと、自分の34の才能の順番が発見できるというもの。

ストレングスファインダーコーチとはこちら

https://www.gallup.com/learning/certification/ja/5709125/profile.aspx



社会保険労務士とは国家資格。会社と顧問契約を結び、企業の労働環境についてのアドバイスやコンサル、労働基準監督署、ハローワーク、協会けんぽ、年金機構などへ届け出の代行などする仕事
https://www.shakaihokenroumushi.jp



料金表
https://strengthsfinder-coaching.com/%e9%9d%92%e5%b1%b1%e7%9b%b4%e4%ba%ba%e5%80%8b%e4%ba%ba%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%ab%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0/