滋賀安曇川泰山寺 SORANONE ソラノネ食堂

地元しがの食堂を紹介しましょう。

私たちは、なんでも早く早くという時代に生まれ育ち、ゆっくり食事を楽しむということが欠けているように思われます。

好き嫌いは多いし、頼んでも食べずに廃棄する。

なんてもったいない生き方をしているのだろうと思うことがあります。

ソラノネ食堂は、豊かな自然の中の他には何もない食堂です。

かまどでじっくり炊かれたご飯と、地元の食材をいただくことで、生きていること思い出させてくれるそんな場所です。

“滋賀安曇川泰山寺 SORANONE ソラノネ食堂” の続きを読む

京都出町柳周辺をマインドフルネスウォーキング

この記事は、企業の経営者やオフィスワーカー、主婦の方で、いつも同じところにいてモヤモヤするわぁ!っていう人に読んでいただきたいです。

また、可能でしたら、お友達にもシェアしてください。

どうも青山です。

コーチングって、堅苦しいオフィスの一角で、事情聴取を受けるようなイメージってありません?

会社に講師が来るから受けなさいと言われて、仕方なく受ける。

僕には、そんなコーチングって勿体無いなと思うのです。

本来コーチングとは、クライアントと同じ景色を見ながら寄り添い、教えるものではなく、快適に自走できるようにするもの。

一時間など、時間制限があれば、どうしても話してくれないとなると、ついコーチ側が話してしまい、ティーチングになりがちです。

クライアントが、自分の好きな場所に行き、その場の力を活用する。

そんなコーチングを私は提案していて、このブログに載せている場所場所も、そんな場の一つ一つ。

もともと、テレビのロケで各地をまわっていたからこそできるのかもしれません。

今回は、京都の街中をぶらりぶらりとマインドフルネスウォーキングしてきましたよ。

ちなみにマインドフルネスウォーキングはコーチングの軽い版というイメージ。

それではどうぞ本文をご覧ください。

“京都出町柳周辺をマインドフルネスウォーキング” の続きを読む

ストレングスコーチによるスケボーチャレンジ。脳は死ぬまで活性化するぜベイビー

脳の仕組みの本を何十冊も読んでいて、人は死ぬまで成長を続けていることを確信した。

そこでスケボーを買って、練習を始めたのだ。

そんな感じの日記ブログ。

早速ご紹介しよう。

“ストレングスコーチによるスケボーチャレンジ。脳は死ぬまで活性化するぜベイビー” の続きを読む

「3週間続ければ一生が変わる」今、点検したい101の習慣 80〜99

2006年、僕は一冊の本に出会った。

「3週間続ければ一生が変わる」ロビン・シャーマさんの本だ。

元弁護士で現在はコーチ。

自己発見に関する世界最高の権威と言われている人なのです。

この人が勧める101もの習慣。

おそらく当時は全くできていなかったはずです。

少しは成長しているのだろうか?

久しぶりに読んだのでしっかり点検していきたい。

今回は80から99までをご紹介していきます。

“「3週間続ければ一生が変わる」今、点検したい101の習慣 80〜99” の続きを読む

自分の感情の動きを知ることは劇的に自分を変えるきっかけになる

朝活か夕活で2時間ぐらい毎日ウォーキングしてるのですけど、去年は365日毎日やって、今年は毎日ではないけど続けています。

やっていると自分の心の動きが見えてきて、客観的に見られるようになったのです。

するとなんでなのだろうかという疑問が出てきて、調べまくってたどり着いたのがリチャードデビッドソンさんというマインドフルネスとも関わる脳科学者。

その本が超面白いのでご紹介。

テーマとしては、なぜかいつもニコニコしている人とか、なぜかいつもイライラしている人などいる。

どの人にとってもいいこともあれば悪いこともあるはずなのに、いつもニコニコイライラって不思議なことです。

この摩訶不思議な状況を作り上げているのは、「感情スタイル」というもので、人の日常はこれに左右されるのだそうです。

そして自分の感情の動きも知ることは、そんな無意識にやっていることをコントロールできることにもつながるのだ。

実に興味深い。

今回はこんなテーマで書いていこうと思います。

“自分の感情の動きを知ることは劇的に自分を変えるきっかけになる” の続きを読む

世界に比類ない 社会保険労務士という職業

僕が社会保険労務士という資格を取って約12年。

しかし未だその解釈、全貌が見えないこの仕事。

これまでもいろんな人々の社労士像について聞いてきたけれど、僕の抱いているイメージとはかけ離れていたものばかり。

ブラックホールのように果てしなさを感じることもある。

僕としてはこの資格を気に入っているので、その辺りを書いてみたいとして思います。

“世界に比類ない 社会保険労務士という職業” の続きを読む