文房具屋にあったモレスキンのノート。試し書きが秀逸だった。

僕は手帳にモレスキンを使っている。

理由はカッコいいから(笑)。

昔から文具は好きで、よく文具コーナーに行くのですが、そこで見たモレスキンノートの試しが書くが面白かったので、ご紹介させていただこうと思います。

“文房具屋にあったモレスキンのノート。試し書きが秀逸だった。” の続きを読む

20年ロケしても、まだまだ奥が深い京都。東山界隈散策20㎞編

今日は20㎞以上歩いた。

京都駅のお隣、山科からウォーキングをスタートし、旧東海道を通って南禅寺などを経由し祇園、建仁寺、六波羅蜜寺、八坂の塔、安井の金比羅など散策。

近江商人が私費で道を整備していたことも多かったそうです。世間よしの精神。

刑場が通ったところにあるとは知りませんでした。

5㎞近く歩いて、気になっていたブルーボトルコーヒーへ。

町家を改装しているだけなのに、すごい人でした。

コーヒーもクッキーも随分歩いて来ていたおかげもあって、すんごく美味しかった。

BSで取材した瓢亭さんの前を通って祇園方面へ

さっと通過

八坂神社前は予想通りの混雑ぶり。

しかし、着物の女性はいいね。

普段は混んでいるのを知っているから、来ることはないけれど、来るとやっぱりいいなぁと思います。

祇園を抜け建仁寺へ。

ここの龍の天井図は祖母のいとこが描いたもの。みんなで大挙して見に来たっけなぁ。

お昼を食べておらず、休憩がてらの昼夜兼のインド料理。腹が減りすぎてめちゃめちゃ美味しかった❗

すっかり観光気分だったが、どこもかしこも重い機材を担いで走り回ったゆえに記憶に鮮明にあって、抜け道とか方角とか、完璧に覚えているので自分でも驚く。

この強みを活かせるサービスはないか、今後考えていきたいところです。

着想✕自己確信✕最上志向✕戦略性✕学習欲がベースにあるコーチのブログです。マスコミにいたので、いろいろなことに興味があっていろいろ書いているのがこのブログの特徴です。

気に入った記事がありましたら是非このサイト中の「いいね」お願いします。

よかったらまた遊びに来てください。

2018-08-29 午後4.11.43

https://strengthsfinder-coaching.com/運営者情報私のプロフィールはこちら!

https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/  コーチング料金はこちら!

https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/ コーチングや社労士等のお問い合わせはこちら!

エサレン研究所を訪問

ついに来た。ここの場を感じたくて車をとばしてきました。

アメリカのシリコンバレーなどハイパフォーマーが訪れ、心を整えていくという場所。

初日は曇りでしたが、翌日は快晴。

すごく、良い気が広がっておりました。

 

エサレン研究所とは、ほとんど人が住んでいない州立公園の中にあり、ビッグサーの険しい海岸線の断崖に位置し、50年以上にわたり日常から離れ、自分を見つめることを可能にしてくれています。

 

スタンフォード大の出身者リチャード・プライスとマイケル・マーフィーがはじめたもので、人間の潜在的可能性を探求・実践する滞在型宿泊施設なのです。

 

東西冷戦の真っ只中、東側西側の科学者をこの地に集め、国と国を越えた関係を結ぶことを成し遂げたり、インドを放浪したスティーブ・ジョブズやビル・ゲイツもここを訪れ、従来の学びをこえたものを学べるこの地に、大いに刺激を受けたと言われています。

 

まさに従来の人の心理学から、西海岸の気質であるあらゆるものを受け入れる文化から、西洋だけでなく東洋の思想も融合し、発展進化させ現在も哲学・心理学・ヨガ・音楽・アートなど年間500種類ものワークショップセミナーが開催され、非営利の教育センターとして知られており、毎年何万人もの人が訪れています。

 

カリフォルニアの自由奔放な精神の証拠を突き止めるには、エサレン研究所に勝る場所はないといわれるぐらいの場所なのです。

 

 

ちなみに滞在するには、ワークショップを受講する必要があり、最低3日は滞在が必要。

 

深夜0時から3時まで、予約できれば温泉に入ることはできます。

 

次回は、何か受講したいと思います!!

 

 

https://www.esalen.org

エサレン研究所リンク

 

 

ご相談予約はこちら⇒https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/

料金はこちら(またパワーアップしたので、近日改定しますのでお早めに)⇒https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/

 

ついに「自然を愛する者の楽園」Big Surへ

 

7月12日。

「自然を愛する者の楽園」

 

世界的ガイドブックであるロンリープラネットはBig Surのことをそのように評している。

 

サンフランシスコ国際空港から降りた僕がレンタカーで向かうのはここ。

 

なぜここなのか?

 

ここには日本人にはあまり知られていないけれど、パワースポット的にもすごいところなのです。

 

 

 

 

 

https://www.lonelyplanet.com/usa/california/big-sur

 

 

 

280キロというと大阪から尾道、大津から那智勝浦、東京だと豊橋までの距離。

 

前もって調べていきましたが渋滞もあり、もう、こんな時間じゃ全然いけないという感じでした(笑)。

 

僕がここを見つけたのは、アメリカの西海岸、シリコンバレーの人たちは心とどのように向き合っているのかを探している時でした。

 

西海岸は、アメリカの中でも新しいものを取り入れて革新的な場所と言われてますが、心は行動のエンジンなわけで、世界的な行動の裏にはなにか心を整える秘密があるのかなと考えました。

 

ちなみに、シリコンバレーの有名企業としてアドビシステムズ、AMD、アップル、ebay、グーグル、ヒューレット・パッカード、インテル、Facebook、オラクル、ヤフー、ペイパル、シスコシステムズ、エレクトロニック・アーツ、エヌビディア、ツイッターなどなど。

 

サン・フランシスコから南に、この企業群を車で流し見しながら南へ向かいます。

 

 

シリコンバレーの紹介ビデオ

 

 

ちなみに旅行会社のHISがこんなツアーを180ドルでやってるみたいです。きっとニーズがあるのでしょうね。

 

https://activities.his-j.com/TourLeaf/SFO0152.htm

 

 

そして、これらの企業がスタンフォード大を囲むようにあって優秀な人材を世界から集めてきている。

 

知と産業が一体となっているのです。

 

 

スタンフォードはしっかり見たいので、寄り道です。

 

 

世界最大級の大学スタンフォード。とても歩いてはまわれません。

 

 

中央芝生。僕の母校の関学と雰囲気似てるが、数倍広いデカイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自由な雰囲気をすごく感じました。

 

 

大学を卒業した学生は、ステーブジョブズ、マーク・ザッカーバーグなどの先輩がそうしたように起業したり、勤めたりするわけだが、太陽が明るく降り注ぐ気候もあり、キャリアとか人生についてもポジティブなんだろうな。

 

 

日本のように人の目を見て生きてるのではないなと感じた(笑)

 

 

 

 

 

さらに南へ

 

 

渋滞やらで遠い遠い。天気も怪しくなって、以降霧もたちこめてきます。

 

 

 

結局午後8時に宿に到着。BigsurはWifi電波届かないので注意です。調べ物は宿のWifiが頼り。カーナビもWifiタイプは気をつけたほうがいいですね。

 

 

http://www.lucialodge.com

 

Bigsurはホテルがない。安くても1泊3万はするので、安くあげようとキャンピングカーで旅行するのが一般的な感じがしました。

 

 

 

外はスゴい霧。テレビもありません。ここは現実の世界とは隔絶された地。

自然と向き合い、自分を見つめる場なのですね。

 

 

 

ご相談予約はこちら⇒https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/

料金はこちら(またパワーアップしたので、近日改定しますのでお早めに)⇒https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/

 

ロスアンゼルスからサンフランシスコへ

7月12日。

 

ロスで乗り換え。

 

昔、撮影の先輩が「わし、ラス行ってきたんや!」と言っていたのを思い出す。

 

僕がアメリカに入国したのは、9.11の時以来。

 

前は、もっとのんびりしていた感じだった記憶だけど、めちゃめちゃ入国は並ばされて面倒。ロサンゼルスで乗り換え時間に暇するかと思ったけれど、乗り換えターミナルに移動したり、手荷物検査でまた並んだりで、さほど時間はあまりませんでした。

 

 

1860年勝海舟が咸臨丸でひと月かけて日本から航海したサンフランシスコに一日で日本から着き、南から北へ、西海岸に沿って北上します。

 

 

 

長時間乗ってきて、午後3時にサンフランシスコに着いて、そこから250キロ。距離で言うと大津とか京都から和歌山の最南端まで車を走らせることになっているので、多少やりすぎたかと後悔半分。

 

 

ようやくサンフランシスコに到着。

 

 

ちなみに幕末当時のサンフランシスコの地図らしいのですが、咸臨丸が到着したのは9番埠頭。地図で言うと右側の真ん中ぐらいのところに錨をおろしたのだそうです。

 

 

ご相談予約はこちら⇒https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/

料金はこちら(またパワーアップしたので、近日改定しますのでお早めに)⇒https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/

 

 

 

 

都会に出て息が詰まったので,自分を確認した日

 

一昨日は大阪、昨日は東京。

 

大勢の人と話をしましたが、人というものは、すぐにレッテルを貼りたがるもので、決めつけようとするなと改めて感じました。

 

あなたはこうでしょ?ああでしょ?という具合。

 

たとえば僕がテレビの仕事をしていたというと、自分の勝手なイメージ

 

社会保険労務士の資格があるというと、自分の勝手なイメージ

 

ストレングスコーチだというと、自分の勝手なイメージ

 

登山をやっていたというと、自分の勝手なイメージ

 

バックパッカーだというと、自分の勝手なイメージ

 

 

まあ、面倒くさくて、いちいちその解説に付き合ってはいられません(笑)

 

これ、自分で自分のことを内省しきれていないと、他の人のイメージを自分の頭に刷り込んでしまい不自然な生き方になるので注意が必要かなと思います。

 

僕の場合は、20年もの間テレビの仕事で全国のさまざまな人との出会いから人に関心を抱き、社労士の資格を取得。

 

労働局の仕事を、社労士やテレビの仕事をしつつ8年もやり、延べ1万以上の人の働き方に関わってきましたが、中小企業というものは、バブル崩壊やリーマンショックで疲弊し、幸せな働き方を追求できていない様子を見てきた中で、コーチングと関わり自分の役割を見つけたわけです。

 

なので、メディア人、社労士や世界中を歩いてきたバックパッカー、死にそうになった登山など総じて自分なわけなのです。

 

 

なので正直、勝手に社労士さんですねと、持論を展開されると超気分が悪い(笑)。

 

まだ、プロコーチのほうがもやもやしないので、最近はこっちを使うようにしているのです。

 

要は、自分は何者かを過去の点と点を繋げると、今の自分が浮かび上がってくるので、自分自身を見つめ直すには今だけでなく、過去もヒントにするといいと考えています。

 

また、他者理解についても、勝手なレッテル貼りをせずに、傾聴によって相手の味や強みを引き出せればいいなぁとも併せて考えています。

 

 

そんなことを考えながら、いい空気を吸いに少し外へ。

 

 

 

 

僕のうちから30分も車を走らせれば、京都の大原。

 

自分の強みは、ロケでいいところをめちゃめちゃ知っているというところ。

 

 

 

 

 

 

 

紫蘇の畑があり、清流も流れ、緑豊かな場所です。

 

 

 

 

天台宗の名刹大原三千院もあり、このような場に立つと、偽りの自分の仮面も剥がれるのではないかと考えています。

 

 

 

 

単なる卵かけめしでも、ひと味違うなぁと感じました。

 

良い環境に身を置くとパワースポットなので、場の力を貰えますし、良い食事をすると食からも力を貰えます。

 

 

 

もちろん、このような場所でのコーチングも個別案件で対応させていただきますのでご相談ください。

 

 

ご相談予約はこちら⇒https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/

料金はこちら(またパワーアップしたので、近日改定しますのでお早めに)⇒https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/

 

 

わんこを見つけてくれた人とお会いしてきたー

 

うちのわんこが行方不明で見つかったという話をしました。

 

あれから安心したのかよく寝ておりますw

そして、早めにみつけてくださった方にお礼せねばと思って出かけてきました。

 

こちらの情報としては、見つけてくれた方は女性で、筆跡から20代?という感じでした。

 

で、お礼をどうしようかとひと悩みがありました。

 

お菓子?商品券?

 

お菓子持っていってダイエット中だったら?

 

商品券って、人間味がないのでは?

 

などなど。

 

だめだ。このままでは先に進まないと「エイヤ!」と商品券にしました。

 

商品券売り場で、犬が見つかった話をすると、引き寄せられたかのように犬好きの店員さんで、めっちゃ話し込んでしまいましたw

 

だめだ。このままではと話を切り上げて、車でお宅に向かいます。

 

そして、それっぽい家の周辺で、最終確認。

 

そこは昔、郵便局の配達のバイトや年金機構の社会保険料未加入調査や労働局の事業所訪問で慣れてます。

 

抜かりはない。

 

「よし!」とばかりにチャイムを押します。

 

すると御婦人が出てこられて、「犬の件で〜」というとすぐに理解していただいたようでした。

 

そして、家族の娘さんふたりと娘さんの子供さんふたりとことの顛末を語って、これまた犬好き同士めっちゃ話しが盛り上がって、ほんとによかったとみんなで泣いてました(笑)。

 

そのお宅は、家の前から水槽がいくつもあって、当然犬も飼っていて、すごくフレンドリー。

 

うちの亡くなった父も母も知っているという方だったので、またいいご縁をいただいたなと思いました。

 

同じ小学校の学区内で近所なので、またわんこ連れていきますねと言って帰ってまいりました。

 

 

しかし、人って会った瞬間に反響する人かどうか分かりますね。

 

僕の場合は、ダークサイドの人は無理。気分が悪くなります。

 

異業種交流会とかああゆー系ねw

 

なので会っただけでこの人とは付き合うだろうな、付き合わんだろうなっていうのがすぐ分かりますし、99%間違いないw

 

今回はほんといい人に助けていただき感謝です。ありがとうございました。

 

世界1800万人が受けているストレングスファインダー。

自分を知り、そこから他人を知る。

自分の感覚はみんな同じではないと気づくと世の中の見方が変わります。

 

https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/  料金を改定させていただきました!

https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/ お問い合わせはこちらでお願いします!

運がある人、運がない人って確かにありますね

 

坂本龍馬がこんな文を残している。

 

「運の悪い人は風呂から出ようとして、き◯た◯を風呂桶の縁で詰め割って死ぬこともある。それと比べると私などは運が強く、いくら死ぬような場所へ行っても死なず、、」

 

 

人は運が悪いと、予想外の場所でも死ぬことがあるし、運が良ければ、どんな修羅場でも死神が逃げていくという感じだろうか。

 

 

どうだろう、みなさん自分が運がいいとか悪いとか考えたことがありますか?

 

 

今のご時世。普通に生きてりゃ、死ぬようなこともないから実感がないかもしれません。

 

 

僕の場合でいうと、雪山登山で冬の槍ヶ岳で死にそうになったり

 

テレビのロケで、凍結した橋の上から車が止まらず死にそうになったり

 

阪和道で中央分離帯にタイヤがパンクしてぶつかって死にそうになったり

 

首都高で、左サイドミラーを見たら後輪が燃えてたり

 

その他、スマトラ沖地震の時にちょうど旅行するつもりが、仕事が入ってキャンセル

 

あとは、9.11の時にちょうどニューヨークに旅行するつもりが、数日ずらしていたとか

 

その他、カバンがまるごとなくなって、戻ってきたり

 

バイクに乗ってて、カバンの口が開いてて、全部落としたけど、全部回収したり

 

そして、昨日は行方不明の犬が見つかったこと

 

これら総合的に考えると、まあまあ運がいいほうかもしれません(笑)

 

 

しかし、これでも運が上がるように、通りすがりでも神社があればお参りし、お寺があればお参りする。

 

そんなパワースポット的なものから「よい気」をもらうようなゲン担ぎは日々やっているかもしれませんね。

 

そうやってると、なぜか理由は分かりませんが結局はうまくいきそうな気がするのですよね(笑)

 

あとは、マイナスのオーラを出すような言動の人は避けるとか(笑)

 

かの松下幸之助氏も毎日、社(やしろ)に向かって拝んでいたといいますが

Pexels / Pixabay

自分でプラスの暗示をかけてノせていくというのも、アリなのでしょうかね。

 

 

世界1800万人が受けているストレングスファインダー。

自分を知り、そこから他人を知る。

自分の感覚はみんな同じではないと気づくと世の中の見方が変わります。

 

https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/  料金を改定させていただきました!

https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/ お問い合わせはこちらでお願いします!

 

 

 

 

 

失ってはじめてわかる大切さ

 

 

実は、きのうの夕方からうちの犬が行方不明で、自転車や車で深夜まで探し回っておりました。

 

首輪にはめたと思った、思い込んだ鎖が外れていたのを見た時は、茫然。。

 

まず、うちのは14歳という年齢と黒がベースの雑種。

 

なので夜に出歩いたら目も見えず、車に轢かれるだろうなぁと今まで見てて思っていて

 

さらに、ここ数日、報道で川に人が流されたということを聞いていたりしていて

 

川に流されたんじゃないかとかいろんな悪いイメージを想像しつつ

 

午後7時から翌朝2時までぐるぐる。

 

考えられるところを何度も何度も探しました。

 

運が悪いことに、電車が雨で不通になっているから普段よりも車で混んでいたのもあって気はどんどん重くなっていきます。

 

 

 

そして翌朝。

 

いつもいるところにいてくれと思いつつ、見るのですがいないまま。。

 

また、朝4時過ぎから捜しはじめました。

 

ぐるぐるぐるぐる。

 

行ったり来たり、行ったり来たり。

 

でも、どこにも気配がありません。

 

もう、無理だなぁと、いよいよ覚悟をきめようかというところで

 

一応、警察に届けを出そうとふと考えがよぎります。

 

 

そして、うちから30分ぐらいのところにある警察署まで行き

 

受付で、犬がいなくなったことを話すと。。

 

「どんな犬ですか?」と即答。

 

今までの感じで言うと、警察って素っ気ない感じなのですけど、

 

当直の人らが愛想がいい(笑)。

 

お!もしやと思い、犬の画像を見せると

 

「このこいてますよー」って。

 

「まじっすかー!」と、力が抜けるってこのことだなぁと思いました。

 

そして、地下の一時保管場所で運命の再会!!

ほんとよく生きていてくれました。

 

ほんとよくここまで連れてきてくださいました。

 

神さま仏さまアラーとか諸々に本当に感謝しました。

 

帰り道で、わんこの安心した顔を見つつ

失ってはじめて大切なものってあるなと改めて思いました。

 

いてくれるだけで、十分。

 

いつもありがとうね。

 

「12 Years a Slave」

 

最近映画も観ないのですが、 気まぐれで日本語タイトル「それでも夜は明ける」を観ました。

 

平穏に暮らしていたバイオリニストが、ちょっとした出会いからお酒に睡眠薬を入れられて

 

気がついたら奴隷になっていた。

 

これは実話なんですよね。

 

実話なので余計に、感情移入させられました。

 

是非、ご覧頂きたいと思います。

 

そして、今ご自身の立場を振り返っていただきたい。

 

さまざまなご相談で、いつも感じるのが、

この自由な日本にあって不幸感を抱いている人がかなりいること。

 

ムチで打たれ、不合理を押し付けられ、自由のない人がかつていて、

現在も地球のどこかで、同じような境遇の人がいることを考えていただきたい。

 

私たちは、抑圧された人たちからすれば、夢の国に住んでいるわけです。

だから、恐れず自分の殻を破って行動して欲しい。

そして、その行動力でこの世の中を幸せにする行動につなげてほしい。

そのように思いました。

 

 

世界1800万人が受けているストレングスファインダー。

自分を知り、そこから他人を知る。

自分の感覚はみんな同じではないと気づくと世の中の見方が変わります。

 

https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/  料金を改定させていただきました!

https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/ お問い合わせはこちらでお願いします!