人は自然と近くで向き合い、同時に自然を歩くことでこそ、本来のあり方がわかるのです。

風の時代の心の向き合い方について最近書いております。

今回は人は自然と近くで向き合い、同時に自然を歩くことでこそ、本来のあり方がわかるという話。

私は、今のストレスフルで機械的な生活ではなく、お金は少なくてもみんなが笑顔でご飯が食べられる社会をあるべき姿なのではないかとイメージしています。

人が人を優しくなれるのには、もっと自然に還るようなことが大事ではないかと、自然に関心を持つ人々を山に連れていくという活動をしています。

例えば、町の真ん中で焚き火をしても誰も手伝わないけれど、山の中で真っ暗の中でキャンプすれば、安全が脅かされているわけですから、みんな助け合おうとするわけです。

それでは、これまで私がやってきたことをつらつら書きつつ、語らせていただきます。

お付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。

“人は自然と近くで向き合い、同時に自然を歩くことでこそ、本来のあり方がわかるのです。” の続きを読む

久々、ストレングスコーチ個人セッションについて書いてみました

最近のトピックは最上志向と収集心と学習欲のおかげで1万冊の読書修行を終えたストレングスコーチのNaotoです。

強みのスイッチを押せばこうなるという標本になれたらなぁと自らも日々自己を探求し強みのスイッチを探し続けています。

現在ストレングスコーチの資格をとって3年目。

ワタクシはと言いますと社会保険労務士でもあり、

1万人以上からお話を聞いてきた人です。

働く人の最後の砦、労働基準監督署に5年、(労働基準法安全衛生法労災保険などを扱います)

子供を持つ働く女性の最後の砦、労働局雇用均等室に3年、(男女雇用機会均等法育児休業介護休業パート法などを扱います)

その昔20年はテレビの仕事で人の話を聞き、とにかく聞き続ける人生。

人よりも仕事柄いろんなところに行ってきた私、

人よりも仕事柄大勢見てきた私、

最近の自然災害や、疫病で不安が蔓延する世の中に恩返しがしたいという気持ちで取り組んでおります。

他のストレングスコーチと違うのは、

トレーニングコースができて初期からやっている人であること。

相談に乗ってきた人数が圧倒的に違うこと。

全国でも取材を経験、あなたの街にもお邪魔してる可能性大です。

法律の話も申請もできる。

瞑想も仏教系列の幼稚園時代から40年やっているので得意。

などなど。

あなたが自分の強みを見つければ熱くなれる毎日を過ごせることでしょう。

一見エリート?とドン引きしたあなた。

どうぞ戻ってきて聞いてください。

元々ワタクシは、成績も下位。

ビリを熾烈に争っていた人。

受験も就職も全てに敗れてきた人。

一つもいいことが無い。

それが、

ストレングスファインダーとの出会いで、人生が変わりました。

強みを知り活用したからこそ、社会保険労務士という合格率4%程度の国家試験の難関資格も取得し

助けてもらう方から、助けてあげたいと思う方へシフトしていきました。

このように自分の強みをテコに生きれば、人生が濃厚になります。

もしもあなたが、ワタクシで無くて、違うイメージの人に話したいというのであれば、そのような相談にも乗りおつなぎしましょう。

ですから、これまでの話で相談対応できる方はワタクシとお友達になってください。

それができるのがnoteだとイメージが降りてきて勝ってワクワクして、これを書いています。

ストレングスファインダー以外にも守備範囲が広いので、まとめて相談可能です。

ストレングスファインダー、労働基準法、失業給付、労災保険、健康保険、傷病手当金、障害年金、成年後見人、育児休業、介護休業、メンタルヘルス、就業規則などなど。

労働者、フリーター、主婦、経営者とあらゆる相談が対応可能です。

具体的にストレングスファインダーの説明に移りましょう。

ストレングスファインダーとは

ストレングスファインダーは、簡単に言えばアメリカギャラップ社の才能発見ツールです。

同社が約40年かけて200万人以上の「強み」に関する研究調査を行った結果、ハイパフォーマーたちの能力は34種類の才能(資質)に分類できることがわかりました。

そしてWeb上の診断テストで177個の質問に答えます。

34資質の中からその人自身に最も強く表れるTOP5(全ての順位を知ることも可能)を明らかにしてくれます。

一言でいえば「何が自分に向いているのか」がわかるのです。

ストレングスコーチングとは

ストレングスファインダーの診断を受けた人も、

それだけではなかなか自分の強みを活かすところまでは至らなかったはずです。

「なるほど」で終わってしまった人も多かったでしょう。

ストレングスファインダーは才能を発見するツールに過ぎません。

そこで発見した”才能”を”強み”として効果的に活用できるようになるためには、日常的に意識していく必要があるのです。

認定コーチによるストレングス・コーチングは、診断結果だけではわからなかった自分の才能や強みの活かし方をしっかり理解し、実践できるようになるためのもの。

これは米ギャラップ社から認定された強みのプロがそれを支援します。

あなたがが自分の上位資質の中にある天賦の才能を理解し、

自分のものにしていけるように支援することがストレングス・コーチングの目的です。

意識するだけで、人より6倍意欲が湧き、生活の質が2倍でなく3倍になる。

人は、短所ではなく長所を伸ばすことにエネルギーを注いだ方が、何倍もの成長・成果・幸福感を手にすることができるのです。

ストレングス・コーチングは次のような方におすすめします。

もっと自分らしく働きたい人
才能を開花させて活躍したい人
もっと収入を増やしたい人
仕事が楽しくない人

要は前向きに生きたい人すべてが対象です。

ストレングス・コーチングは次のような方には向いていませんので決して受けないでください。

成長しようとする意思がない人
自分の強みを活かすメリットを感じていない人
自主性がなく他力本願で生きようと考えている人

お申し込みはこちらからおねがします。

12年一休さんが修行し禅で名を馳せた大津市祥瑞寺

とんち好きの将軍様とのやりとりで有名な一休さん。

禅の世界ではとんでもなくスゴい人とこれは本で読んでしりました。

さらに驚いたのは、修行したのがうち(滋賀県大津市)の近所だった。

早速、坐ってきましたのでご紹介しましょう。

“12年一休さんが修行し禅で名を馳せた大津市祥瑞寺” の続きを読む

京都出町柳周辺をマインドフルネスウォーキング

この記事は、企業の経営者やオフィスワーカー、主婦の方で、いつも同じところにいてモヤモヤするわぁ!っていう人に読んでいただきたいです。

また、可能でしたら、お友達にもシェアしてください。

どうも青山です。

コーチングって、堅苦しいオフィスの一角で、事情聴取を受けるようなイメージってありません?

会社に講師が来るから受けなさいと言われて、仕方なく受ける。

僕には、そんなコーチングって勿体無いなと思うのです。

本来コーチングとは、クライアントと同じ景色を見ながら寄り添い、教えるものではなく、快適に自走できるようにするもの。

一時間など、時間制限があれば、どうしても話してくれないとなると、ついコーチ側が話してしまい、ティーチングになりがちです。

クライアントが、自分の好きな場所に行き、その場の力を活用する。

そんなコーチングを私は提案していて、このブログに載せている場所場所も、そんな場の一つ一つ。

もともと、テレビのロケで各地をまわっていたからこそできるのかもしれません。

今回は、京都の街中をぶらりぶらりとマインドフルネスウォーキングしてきましたよ。

ちなみにマインドフルネスウォーキングはコーチングの軽い版というイメージ。

それではどうぞ本文をご覧ください。

“京都出町柳周辺をマインドフルネスウォーキング” の続きを読む

深呼吸したくなったらマインドフルネスウォーキングツアーにおこしやす

マインドフルネスウォーキングという自然の中を歩きながら自分を整えるツアーをやっています。

日常の普段見る景色の中では、自分というものが埋没してしまいますが、自然の中では自分が浮き上がってくるから不思議。

ちなみにコースはその人ごとにアレンジできて、30年野山遊びをしてきた経験と地元ならではの土地勘を組み合わせて開催しています。

今回はそんな一部をご紹介。

“深呼吸したくなったらマインドフルネスウォーキングツアーにおこしやす” の続きを読む

「3週間続ければ一生が変わる」今、点検したい101の習慣 60〜79

2006年、僕は一冊の本に出会った。

「3週間続ければ一生が変わる」ロビン・シャーマさんの本だ。

元弁護士で現在はコーチ。

自己発見に関する世界最高の権威と言われている人なのです。

この人が勧める101もの習慣。

おそらく当時は全くできていなかったはずです。

少しは成長しているのだろうか?

久しぶりに読んだのでしっかり点検していきたい。

今回は60から79までをご紹介していきます。

“「3週間続ければ一生が変わる」今、点検したい101の習慣 60〜79” の続きを読む

「3週間続ければ一生が変わる」今、点検したい101の習慣 40〜59

2006年、僕は一冊の本に出会った。

「3週間続ければ一生が変わる」ロビン・シャーマさんの本だ。

元弁護士で現在はコーチ。

自己発見に関する世界最高の権威と言われている人なのです。

この人が勧める101もの習慣。

おそらく当時は全くできていなかったはずです。

少しは成長しているのだろうか?

久しぶりに読んだのでしっかり点検していきたい。

今回は40から59までをご紹介していきます。

“「3週間続ければ一生が変わる」今、点検したい101の習慣 40〜59” の続きを読む

世界に比類ない 社会保険労務士という職業

僕が社会保険労務士という資格を取って約12年。

しかし未だその解釈、全貌が見えないこの仕事。

これまでもいろんな人々の社労士像について聞いてきたけれど、僕の抱いているイメージとはかけ離れていたものばかり。

ブラックホールのように果てしなさを感じることもある。

僕としてはこの資格を気に入っているので、その辺りを書いてみたいとして思います。

“世界に比類ない 社会保険労務士という職業” の続きを読む