三菱創業の地 大阪 土佐稲荷神社

司馬遼太郎と言えば、「竜馬がゆく」。

私は大のファンなのですが、今年になってまた読み直しをしています。

そして、これを大阪で書いていたと聞いて、一度行ってみたいと思っていました。

司馬遼太郎は、かつての土佐藩の大阪藩邸の蔵屋敷があったアパートで執筆をしていたそう。

藩邸のあった場所は稲荷神社として今も残っています。

お稲荷さんと言えば京都の伏見稲荷。

稲荷神社のご利益は五穀豊穣。

大阪の地でしっかり稼いで、土佐を豊かにしようという思いがあったのですね。

訪問は11月上旬。

七五三で賑わっておりましたよ。

行って気づいたのですけど、この地は岩崎弥太郎が三菱を起こした発祥の地でもあるのです。

とても信仰に厚い方だったそうです。

三菱のマーク。

土佐藩の家紋と岩崎家の家紋を組み合わせたもの。

弥太郎は甲斐の武田の末裔で、土佐に流れてきた。

それで菱を使っているとか。

坂本龍馬も岩崎弥太郎も歩いたこの地。

ある意味私的にパワースポットでした。

また来てみたいと思います。