京都の伊勢 日向大神宮 オススメパワースポット

今年から比叡山周辺の地元で歴史観光ガイドをやり始めました。

すると、知らなかったことがいっぱいあるなぁと分かって、ライフワークとしてじっくり調べていこうとしています。

京都の山科から三条に向かう旧東海道にある日向大神宮。

最寄りは、京都地下鉄東西線の蹴上駅。

ここは盲点で、奥まったところにありすぎて気づかない神社なんです。

車もすごく狭い所を通るので注意が必要です。

ここは簡単に言えば、ミニ伊勢神宮。

本家と同じく外宮、内宮とあり、さらに天の岩戸まであるのが特徴。

山を登れば、伊勢神宮の方角に拝んで参拝できる場所がある。

ここはアマテラスオオミカミという日本の神様の絶対エースを作り出したアメノミナカヌシという神様もいる。

あまり書くとこんがらがるだろうから、絶対エースの上がいる有り難い神社というイメージでいいと思います。

駐車場から山に一方踏み入れると、伊勢神宮っぽい鳥居が。

山の上に上がるとあります。

伊勢神宮を向いて拝礼。

反対側は平安神宮が見えます。

全体的に雰囲気があって、感じるところがあります。

こちらは稲荷社。

駐車場からは階段を上がって参拝に向かいます。

外宮。アメノミナカヌシがいます。

ここまで外宮。

紅葉のシーズンだけにホッとさせられます。

内宮。

ここまで内宮。

天の岩戸

厄払いに効果あるとか。

内宮外宮の横にある山に龍神さまなどがお祀りされています。

今回一番感じたのは僕の場合はここでした。

ご興味のある方は是非行ってみてください。