京都 雲ケ畑厳島神社 なんと創建は平安京以前

鴨川を遡ると雲ケ畑というところがある。

最近の僕の興味は、日本以前の日本はどうだったのだろうかということ。

なぜ、そういうことに興味があるかというと、発端は地元で歴史のガイドをしていることが大きい。

歴史は大体わかった。じゃぁ、その前はどうかというのが気になってくる。

もしかすると、日本人の心理を探る手がかりになるのではと考えているのだ。

この厳島神社は、たまたま立ち寄ってみたら、由緒書きに古いということが書いてあり、早速じっくり見ることにした。

それではご紹介しよう。

厳島神社神社 基本情報

  • 神社名 厳島神社
  • ご祭神 天津石門別稚姫
  • 創建 不明
  • 住所 京都市北区雲ケ畑中畑町54
  • 入場料 無料
  • 駐車場 神社前に若干スペースあり
  • ウエブサイト なし

厳島神社 地図とアクセス

 

車で起こしいただくことを推奨いたします。バスもあります。

厳島神社 参拝レポート 2020年 5月

当日の様子

やってきました厳島神社。

付近は狭い道に昔ながらの集落と分校といういい感じの場所。

神社の前にあったもの。神社の社務所的な感じかなぁと思いました。

光の加減がすごくいい。

奥に進みましょう。

この中に社が入っています。

こんな感じ。やっぱり雪が降るのか、京都北部は二重にしているところが多い気がいたします。

神楽殿に奥が主祭神。

確認しましょう。

ここは天津石門別稚姫神社とかつては言われていた。

周辺の地域は、平安京の建設用の木材を供出した場所。

社の後ろに5メートルはある巨岩が本殿後ろにある。

境内にある相殿は、町内各地のものを集めて祀っている。

江戸時代は弁財天として信仰を集めたが、明治の廃仏毀釈で厳島神社になった。

社殿の裏手にきました。

仏像が並んでました。理由は不明です。

ここに巨石が2つあるんです。

すごくかっこいい感じです。

まとめ

平安京以前の空気を感じることができる貴重な参拝であった。