臨済宗妙心寺派大本山

平安の貴族が自分たちの山荘を建て、多くの草花を植えた。

そしてその場所を花園と名付けた。

室町の頃、この地を愛し禅寺にした法皇がいたが、花園法皇と呼ばれた。

なんとその禅寺というのが妙心寺。

戦国大名で六文銭の真田家の墓もあったりととても広大で深い寺院です。