諏訪大社下社春宮 

諏訪大社下社春宮の紹介です。

下社は秋宮と春宮があって、秋宮の方が境内は広い印象。

しかし春宮は、境内に幅5メートルほどの川が流れていて、また雰囲気が違ってました。

詳しく知りたい方はどうぞ

これでもお分かりになると思うのですが、大きな川に沿ってお社があります。

まず、参道に入ってきて目につくのはこの建物。

馬を降りさせて、参拝させるようにする建物だとか。

続いて清めていきましょう。

では中へ

秋宮は青銅の狛犬でしたが、ことらは違いました。

樹齢どれくらいなのでしょうか。

スゴい大きさ。人間がちっぽけに見えてきます。

奥に進むと神楽殿

神楽殿の奧は拝殿です。

諏訪大社は本殿はありません。

下社は木が御神体です。

ご神体を御柱で囲むという形。

御柱は見ていると穏やかになる感じがします。

あと、境内にはお社がいくつかあります。

そして、川を渡って川の中洲にあるお社にも参拝。

こちらは何か呼ばれたような感じがしました。

何せ、水と水に囲まれた場所なので、ある意味聖域中の聖域。

せっかくなのでお参りしておきましょう。

あと、春宮の近くに御柱の博物館があります。

御柱体験もあったりします。

木を切るのに使う道具

外に実物大の御柱もありました。

春宮と博物館セットでどうぞ。

私は御柱祭にも興味があったので、いろいろ知れて楽しかったです。