フォレスト・ガンプのように思い立ったら余計なこと考えず走り続ければいい それだけのこと

平成最後の日に西国三十三所の7度目の満願達成。

スタンプラリーと思えば楽しいし、悩みも激減します。

20代の頃から西国三十三所をまわっています。

たまたまテレビの仕事で巡礼について取材したのがきっかけ。

当時は平成に入り、バブル崩壊や阪神大震災など暗い世の中であり、自分の心のもやもやを解消したかった。

四国八十八所は一度

西国三十三所は今度で七度

しかし、仏像に興味がないので、そういう系の知識は一向に向上しないのですが

なにかをやり続けるということでは、これが自信となっているので、続けて当たり前の感じになっています。

人間誰しもそうでしょうが、怠け癖や悪い心を抱きがちですけど

巡礼を通じて、その辺を意識するので、自然と自分を整えていくことが可能となるのです。

世の中のどんな良い本を読んだとしても

どんな素晴らしい学びがあったとしても

続かなければ意味がありません。

薄々分かってきたことは、自分を上手にコントロールというか、調整力というか

その効果が巡礼にはあるような気がしています。

アイキャッチは、巡礼を終えた寺院でいただいた戒めとでも言いましょうか。

なかなか難しいでしょうが、いつも身近において、少しでもできるように意識したいと考えています。