活躍する可能性が高いのは 神経細胞が活発な小学校から中学までにとことん好きを追求することなんだとか

先日引退した野球選手のイチロー。

名古屋市立大学学長であり医師の西野仁雄氏が、イチローの脳について書いた本があったので興味深く読ませてもらった。

結果を出した人というのは普段どんな行動しているのでしょうか?

“活躍する可能性が高いのは 神経細胞が活発な小学校から中学までにとことん好きを追求することなんだとか” の続きを読む

身命と私欲とのどちらが大切かをよく考え 細心の注意をして暮らしていけば、長生きしていつまでも災いをまぬがれるだろう

久しぶりにガツンとやられちゃいました。

そんな本をご紹介。

貝原益軒の「養生訓」です。

“身命と私欲とのどちらが大切かをよく考え 細心の注意をして暮らしていけば、長生きしていつまでも災いをまぬがれるだろう” の続きを読む

世界の億万長者たちが口をそろえておすすめする習慣 それは「読書」

私達には知らず知らずのうちに似たような人が周りにいたりします。

一度見回してみてください。

そして、普段からお互い影響を与え合うことを通じて、余計似た感じになってきます。

“世界の億万長者たちが口をそろえておすすめする習慣 それは「読書」” の続きを読む

本の紹介 江戸時代、外国人から驚くほど洗練された国民と言われた日本があった。

本の紹介です。

大抵は速読で読んでますが、味わいたい本も中にはあり、これはじっくり味わった本。

作者は歴史学者の磯田先生。

本当いい本書かれます。

“本の紹介 江戸時代、外国人から驚くほど洗練された国民と言われた日本があった。” の続きを読む

豊かになった現代人 さらに欲しがるというより手放すことを考えたら社会はどうなるだろう?

ヘンリーDソローって知ってます?

森の中で小屋を自分で建てて2年間自給自足の生活をしたアメリカ人で小説家。

1817年生まれなので、日本で言えば江戸時代の人になります。

この人の影響を受けた人として、レイチェルカーソン、ターシャ・チューダー、アーネスト・シートン、ジョン・ミューア、ゲーリー・スナイダー、トルストイなど。

すごい面々に影響を与えているのです。 “豊かになった現代人 さらに欲しがるというより手放すことを考えたら社会はどうなるだろう?” の続きを読む

思い込みを乗り越え世界を正しく見る習慣をつけるにはやはり読書か行動か

ファクトフルネスという本が売れているそうですが、要は自分の好きな情報にしか触れていないので、突然話を振られても一体何が正しいか分からなくなるそんな世の中。

この本はその反動のような気がしています。

やはり、読書や自分の目で確かめるということが大事になってくると再認識。

そこで人はどれだけ本を読んでいるのかを調べたデータがありました。文化庁が調査したものなのですけれど、実におもしろい。

一緒に見ていきましょう。

“思い込みを乗り越え世界を正しく見る習慣をつけるにはやはり読書か行動か” の続きを読む

信長のように攻め、秀吉のように人をたらし、家康のように待てる人だから成功する

中国のアリババグループのジャック・マー氏のことはみなさんご存知だろうか?

僕は昨年の夏ごろに本を「ジャックマー・アリババの経営哲学」という本を読んで衝撃を受け

事あるごとに取り出しては読み、赤線を引いたり、書き込みしたりしている。

ご紹介しよう。

“信長のように攻め、秀吉のように人をたらし、家康のように待てる人だから成功する” の続きを読む