JR九州 或る列車 乗車レポート

世の中の状態を反映し、旅の話題が少ない昨今。

数年前ブログをはじめる前の2017年に九州までわざわざ列車に乗りに行ったのだ。

その時の事を今更ながら記事にしようと思う。

旅は人生に彩りを与えてくれるもので、人生がそこから展開していく素敵な機会だ。

また、そんな日が来ることを祈っている。

或る列車 基本情報

  • 列車名 JR九州スイーツ列車 「或る列車」
  • 運行ルート ハウステンボス〜博多 、佐賀〜長崎〜佐世保
  • 料金 大人一人26,000円〜38,000円
  • 予約手段 ウエブサイト、電話、JR九州旅行の窓口
  • 予約電話 092-289-1537
  • 申し込み期限 乗車10日前まで
  • 最少催行人員 一人
  • 食事 スイーツコース(ドリンク代も含む)
  • ウエブサイト https://www.jrkyushu-aruressha.jp/

或る列車のコンセプト

ウエブサイトより引用

明治39年(1906年)、当時の「九州鉄道」がアメリカのブリル社に豪華客車を発注したものの、「九州鉄道」が国有化されたため、活躍する機会のなかった「九州鉄道ブリル客車」、通称「或る列車」。


当時の日本で最も豪華な設備を備えていた“幻”の豪華客車が、九州に蘇りました。


鉄道をこよなく愛し、世界的な鉄道模型の神様といわれた故・原信太郎氏が作成した模型。


これを元に、水戸岡鋭治氏がデザイン・設計。


「原鉄道模型博物館」副館長を務める原健人氏が監修。


クルーズトレイン「ななつ星 in 九州」に次ぐラグジュアリーな空間の中、自然環境をテーマにした料理をつくり続ける
シェフ、成澤由浩氏がプロデュースするスイーツのコースをいただける至福のD&S列車。

或る列車 乗車レポート2017年 2月

当日の様子

やってきました佐世保駅。

佐賀はジャパネットの本社に桂小枝さんらとロケで訪れた以来。

前日、佐世保バーガーを食いまくり、レモンステーキにかぶりつき夢のような日を過ごしたが、今日も夢の続きスイーツ列車だ。

ホームに出ると金ピカでスゴい物体が。。

お顔はこんな感じ。

これに正々堂々とおっさん二人が乗り込みます。

行き先は長崎。福山雅治のふるさとでもありますよね。

僕的には坂本龍馬の亀山社中が楽しみだったりします。

このお二人がいろいろと道中サーブしてくださいました。

乗車時は赤絨毯ですよ。

芸能人みたいですね。

キョロキョロしているうちに出発。

長崎までゆっくり約2時間の旅。

車内も金ピカ。

天国か、はたまた極楽浄土か!

そしてウエルカムドリンクをいただき、至福の時間スタートです。

器もオシャレで、食材もこだわりの数々。

最高に美味い。

ブログに載せる頭がないので、さほど撮っていないのが残念。

絨毯ですよ絨毯。

椅子も見て椅子。

すぐ海沿いを走るので抜群の景色。

晴れてたらヤバい景色でしょうね。

さてさて、見ていただきたいのはお手洗い。

ここもまた金ピカ。

なかなか無い体験。

トイレまで極上のひととき。

テレビ局のメイクルームもびっくりのライト。

非の打ち所がございません。

長崎到着。

食べて飲んで眺めてあっという間の至福の時間。

本当に楽しかった。

まとめ

夢のような数日を送っていたので、忘れられない旅となった。

この或る列車はオススメです。

是非機会をもうけて、一度ご乗車ください。